IT導入補助金制度|タブレットposレジを導入することで得られるメリット

IT導入補助金制度

タブレットを持つ人

IT導入による補助金

IT導入補助金という制度をご存知でしょうか?IT補助金制度は、中小企業や零細企業がITツールを導入することで、国からの支援金をもらえるという制度になります。この補助金制度を利用すれば、ソフトウェアやサービスなどのシステム導入費用のおよそ3分の2以下の経費削減が見込めます。

IT補助金が利用できる条件

まず、前提として、IT導入補助金制度を利用できるのは中小企業や零細企業のみを対象としています。そして、ITツールの導入が条件ですが、ソフトウェアが対象とされ、導入費用が30万円以上でなければ補助金を利用できません。また、その導入が一括支払いでなければならないのがネックになってきます。このような条件があるため、IT導入補助金を利用を検討しているなら、予め計画を立てておくことがいいでしょう。

申請から実施効果報告

IT導入補助金制度を申請して交付決定した後は、タブレットレジなどのITツールの導入を行ないましょう。実施期間中にITツールの導入を行なわなければ、交付が決定していても補助金の受け取りはできません。それに、ITツールを導入した後にも実績効果報告を行なう必要があります。事前に必要な書類を調べておきましょう。

実績報告書に必要な書類

導入後は実績報告書をIT導入支援事業者を通して事務局へと提出します。取り扱う商品に関わる書類とITツール導入を証明する書類を取り揃えて事務局に申請しましょう。

補助金で便利なツールを

IT導入補助金制度を活用して、便利なタブレットレジをこの機会に導入しましょう。新しく機器を導入して円滑に事業を進めていけるように、制度を活用してください。

広告募集中